【不倫から抜け出した】不倫相手の夜の営みについて・アナルプレイ・放尿プレイ・青姦(あおかん)

【不倫から抜け出した】不倫相手の夜の営みについて・アナルプレイ・放尿プレイ・青姦(あおかん)

現在、不倫が終わって2ヶ月が経ちました。
アイコです。
不倫相手は少し変わった趣向をしていた。
彼は蕾プレイが好きだった。
経験のない私は嫌がったがお風呂に入ることも許されなかった。
洗ってない方が好きだから、と言っていた。
花弁に彼の下半身を挿入され蕾には指を挿入された。私は何度も天国にいくことができた。
潔癖症の私もそのうちに洗ってない彼の蕾を舐めれるようになっていた。
彼の蕾に指を挿れ前立腺を悦ばせた。
私たちは仲良くお互いをエネマしたりしてプレイを楽しんだ。
基本お互いのトイレも覗くスタイルだった。
それから彼は私のゴールデンシャワーを欲した。
なのでお風呂場でかけた。
私がかけると彼はそれを喜んで浴びるのだ。飲んだり、頭から浴びたり。
社会的地位のある人に対してその行為を行うことに興奮を覚えた。
青姦(あおかん)もした。最適な場所を見つけては。
夜の街や山頂、飛行機の中や新幹線の中。
人の声が聞こえるたび心臓がドキドキした。
彼は毎日、夜も朝もしてくれた。
自分のクライマックスのタイミングも調整できるので私にはかなり楽だった。
いつも私の方を先に何十回も天国に運んでくれた。
こんなに上手な人がいるんだな、と感心していた。
奥さんともこんな事をしていたんだろうな。
不倫相手と離れがたかったのはこの行為も手伝ってだろう。

※蕾プレイ=アナルプレイ
※花弁=女性の陰部
※エネマ=浣腸
※ゴールデンシャワー=放尿
※青姦(あおかん)=屋外プレイ
※クライマックス=射精